敏感肌と運動って関係あるの?と思っている人もいるでしょう。実は大いに関係しているという事がこの話を聞けば分かってもらえると思います。

運動をすることで、敏感肌が改善されるメカニズムとは?早速見ていきましょう。

良質な睡眠を誘う事が出来る

運動をして体を動かすと、夜になってから副交感神経が活発に働くようになるので、自然と眠気が襲ってくるようになります。無理して眠るという事もなく、睡眠不足に陥る事もなく、良質な睡眠を得る事が出来るようになるのです。

良質な睡眠は、肌のターンオーバーに欠かせない事ですから、運動をして睡眠を質をしっかりとあげていきましょう。

成長ホルモンの働きを活発にする

筋肉に負荷がかかるような運動をすると、疲れた筋肉の補修をするために「成長ホルモン」がたくさん分泌されます。この成長ホルモンというのは、肌を再生さあせるために必要不可欠なものとなります。

敏感肌というのは、成長ホルモンの分泌が減少している状態でもありますので、運動で分泌量を増やすのは有効な手段とも言えます。

肌のバリア機能を復活させる

運動をして汗をかくと、肌のバリア機能が復活していくと考えられます。汗というのは、水分を皮膚に与えてくれるので角質層の水分補給が出来るのです。角質層が潤いをキープすると、バリア機能は復活していきますので、運動による汗はとても貴重なものとなっています。

さらに、運動をすると汗だけではなく皮脂も分泌されます。皮脂と汗が一緒になると「皮脂膜」という肌を守る膜が出来上がります。

皮脂膜は紫外線などの外的刺激から肌を守ってくれる優れものです。敏感肌の場合には、皮脂膜が薄い状態と言えますので運動で皮脂膜を厚くする事に意味があります。

どんな運動をすればいいの?

実際に敏感肌を改善する為に、どのような運動をしたらいいのかと言うと、ズバリ「ウォーキング」がお勧めです。誰でもすぐに始められて、手軽な運動と言えばウォーキングではないでしょうか?1日に20分~30分程度で構わないので、週に2~3日は実践してみてください。継続して行う事で、効果が現れてくるでしょう。

その他には、ストレッチや軽い筋トレをして筋肉に負荷をかけるのもお勧めです。自宅で簡単にできるので、是非とも実践してみてください。