敏感肌なんだけど、肌に刺激の少ないクレンジングって無いかな?

それなら、ミルクタイプのクレンジングですね。でも、メイクを落とす力は強くないので、メイクが残らないように注意する必要があります。

敏感肌のケアをしていくなら、クレンジング不要のミネラルファンデーションに替えてしまうことも検討してみましょう。メイク自体をシンプルにすることで、メイクとクレンジングの両方の刺激を少なくすることが出来ます。

仕事をしていれば、ほぼ毎日メイクをするのが当たり前です。1日の終わりには、必ずクレンジングしてメイクを落とすことになります。

敏感肌の場合、肌に刺激の強いクレンジングを使ってしまうと、それが肌の負担となり、敏感肌の症状を、余計に悪化させることなってしまいます。

低刺激で肌にマイルドなクレンジングを選ぶためには、どんなタイプのものを選べば良いのか見ていきましょう。

クレンジングの種類と洗浄力・刺激の違い

商品によって違いはあるものの、クレンジングの種類によって、おおよその洗浄力と、肌への刺激が決まっています。

敏感肌が選びたいクレンジング

ミルククレンジング

肌への負担が最も少ないクレンジングですが、洗浄力が弱いのが難点です。保湿力も高く、滑らかなテクスチャーなので、摩擦で肌に負担をかける心配もありません。

マスカラやアイラインは落とせないので、ポイントメイクは専用のリムーバーを使う必要があります。

敏感肌ならミルククレンジング+ポイントメイクリムーバーの組み合わせが、低刺激でオススメです。

クリームタイプ

ミルククレンジングよりも重めの使い心地で、クリームの油分でメイクを浮かせて落とします。保湿力が高く、クレンジング中の摩擦もほとんどありません。重めの使用感なのでオイリー肌の人には向かない場合もあります。

ただ、拭き取りタイプのクリームクレンジングは、拭き取る際に肌を傷つけてしまうので、敏感肌の方は、洗い流せるタイプを選びましょう。

リキッドクレンジング

お風呂場で使え、洗浄力も強いので、扱いやすいことから人気なリキッドクレンジング。

ヌルヌルする感触が少なく、サラッとしたテクスチャーのため、スベリが悪く摩擦が起こりやすい点は要注意です。

リキッドタイプは、製品によって、洗浄力や刺激に大きな違いがあるので、肌に合うものが見つかるまでが、少し大変かもしれません。

ジェルクレンジング

ジェルタイプには、オイルフリーのものから、オイルが主成分のものまで、大きく3つの種類があります。

  • 水性ジェル
  • オイルイン水性ジェル
  • 油性ジェル

水性ジェルは洗浄力が弱いかわりに肌に優しく、油性ジェルは洗浄力が高いですが、肌への負担も大きいです。オイルインは、水性と油性の中間のバランスタイプです。

ジェルなので、肌にピタッとくっつき、摩擦を起こさずクレンジングすることが出来ます。水性も油性も、オイルクレンジングよりもサッパリとしているのが特徴です。

敏感肌なら、出来れば水性ジェル、オイルインタイプまでにしたいところ。

敏感肌には使用NGのクレンジング

オイルクレンジング

しっかりメイクも素早く、スルっと落とせる洗浄力の高さが魅力のオイルクレンジング。毛穴の奥の汚れまで、キレイに出来る反面、肌に必要な皮脂まで除去してしまうというデメリットがあります。

また、オイルタイプは合成界面活性剤がたくさん含まれており、肌への刺激が強いものとなっています。使用後は、肌も乾燥しやすいので、乾燥肌や敏感肌の人には向きません。

使うなら、ポイントメイクを落とす用途に留めておきましょう。

拭き取りタイプ

手軽に使えるので、シートになっている拭き取りタイプのクレンジングを愛用している人も多いと思います。忙しい人には便利ですが、敏感肌の人は使用NGです。

シートで直接拭き取るので、どうしても摩擦を避けられず、肌への刺激が大きくなります。また、アルコール成分も多く含まれているので、乾燥の原因にも。

急な外泊などやむを得ない場合以外は、使わないようにしましょう。

メイクを落とし切れないリスク

クレンジングのし過ぎは、当然肌に負担をかけるのですが、メイクを落とし切れずに、そのまま寝てしまうこともリスクがあります。

ファンデーションの油分が、汗や皮脂と混ざることで、それが酸化していきます。この酸化した油が、肌に良くありません。また、毛穴が詰まった状態が続くため、毛穴の黒ずみや、ニキビなどの原因にもなります。

リスクの度合いとしては、クレンジングのし過ぎの方が、肌には良くありません。メイク残りが気になるからとゴシゴシクレンジングをしてしまわないように、気を付けましょう。

メイクをクレンジングに合わせていくことも大切

そもそも敏感肌の場合、バッチリメイクをするのは肌への負担となるため避けたいもの。しかも、メイクを濃くすれば、クレンジングも強力なものが必要です。

なるべく薄く、シンプルに。を心がけていきたいところ。

日常使いは、パウダーファンデーションやミネラルファンデーションにすることで、メイクとクレンジングによる肌の負担を減らすことが出来ます。