肌に負担の少ない洗顔料教えてー

あ、敏感肌で悩んでいるんでしたね。それなら、確かに洗顔料選びは難しいですね。

そうなの。低刺激とか、肌に優しいとか書いてあるやつ多いけど、実際どうなの?

うーん。基本的には、超シンプルな固形石鹸が一番なんです。

一度、敏感肌におすすめの洗顔料は、どういうものなのか。使用を避けたいものと併せて見ていきましょう。

敏感肌ならこだわりたいのが洗顔料。肌への刺激を抑えつつ、過剰な皮脂と汚れを落とすために、どのような洗顔料を選べば良いのか、見ていきましょう。

肌に優しい石鹸を選ぶ際のポイント

  • 合成界面活性剤不使用
  • 香料、着色料、保存料無添加
  • 一般的に洗顔フォームよりも固形石鹸の方が肌に優しい
  • 原料のオイルの種類、品質

肌に負担をかけないために、洗顔料はシンプルなものがオススメです。

原材料表を見て、良く分からない化学成分がズラズラと書かれているものよりも、シンプルな原料のものを選ぶ方が安心です。

合成界面活性剤

石鹸の洗浄成分である界面活性剤には、天然の油脂から作られるものと、石油成分などから合成して作られるものがあります。

  • 石けん(界面活性剤):天然の油脂をアルカリで煮たもの
  • 合成界面活性剤:石油成分や植物原料から、化学的に合成されて造られたもの

合成界面活性剤の中にも、植物原料から造られているものがあります。しかし、どんな原料を使っていたとしても、それは化学合成によるもので、自然には存在しない成分です。

石けんの界面活性剤

  • 脂肪酸ナトリウム(固形、粉)
  • 脂肪酸カリウム(液体)

代表的な合成界面活性剤

  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • ラウレス硫酸ナトリウム
  • ラウリル硫酸アンモニウム
  • ラウレス硫酸アンモニウム
  • イソステアリン酸PEG-4
  • ステアラミドDEA
  • コカミドDEA

上記以外にもたくさんあります。

この合成界面活性剤は、洗浄力が強く、皮脂を過剰に落とし過ぎてしまいます。また、肌のバリア機能を低下させ、敏感肌を悪化させる原因にもなりかねません。

敏感肌でも安心して使える洗顔料を探すなら、真っ先に「合成界面活性剤不使用」の表記の有無を確認しましょう。

石鹸って界面活性剤なの?

勘違いしている人が多いと思いますが、石鹸は界面活性剤の一種です。そもそも、界面活性剤というのは、水と油のように本来混ざり合わないものを、均一にする物質の総称です。

例えば、純石鹸として有名な「カウブランドの無添加石鹸」。使用されている成分は「石ケン素地」です。

この石ケン素地というのは、脂肪酸ナトリウムのことで、界面活性剤の一種です。ただ、合成界面活性剤とは異なり、数千年前から使用されてきた歴史があり、安全性、分解性に優れ、お肌にも環境にも優しいものです。

固形石鹸と洗顔フォーム

洗顔料は、様々なメーカーから数多くのものが販売されているため、一概には言えませんが、基本的には洗顔フォームよりも、固形石鹸の方が肌に優しいものが多いです。

その理由は、洗顔フォームには合成界面活性剤が使用されていることが多いから。また、形状をクリームや液状にし、それを安定させるにも添加物が使われます。固形石鹸と比べて余計な成分が加わるため、それも肌の負担となり得ます。

もちろん、固形石鹸でも合成界面活性剤や添加物が使われているものもあります。ただ、合成界面活性剤不使用のものを選ぶなら、固形石鹸の方が選択肢が多いのは間違いありません。

原料のオイルの種類、品質

石鹸は、原料に必ず油脂が使用されています。代表的なところでは、パーム油やヤシ油などの植物性オイル。牛脂や豚脂などの動物性オイル。また、牛乳石鹸では乳脂が使われています。

最近では、オリーブオイルやココナッツオイルを使用したものも人気です。

この、使用されている油脂の種類によって、洗浄力や刺激が異なります。肌に合うものを探すなら、どんな油脂が原料なのかを確認しながら、使い比べていきましょう。

ぬるま湯だけの洗顔

敏感肌の場合、出来るだけ洗顔料を使わない。という意識も大切です。

洗顔は、朝晩2回。朝はぬるま湯だけで済ませるようにしてみましょう。洗顔料を使わず、ぬるま湯で洗い流すだけでも、就寝中に分泌される余分な皮脂や、汗、埃の汚れは十分に落とすことが出来ます。

この、朝のぬるま湯洗顔は、モデルの梨花さんや、女優の黒木瞳さん、石田ゆり子さんなども実践していることで知られています。

ぬるま湯洗顔のやり方

  • 先に手を洗う
  • お湯の温度は32~35℃
  • 顔の中心から外側へ包み込むように20回程度すすぐ
  • 擦らないように気を付ける
  • タオルで押さえるようにして拭く

毛穴を引き締めるために、最後は冷水で洗うという方法もありますが、敏感肌にはNGです。なるべく体温に近い温度で行いましょう。

避けるべき洗顔料のまとめ

上記、選び方のポイントを押さえておけば、避けるべき洗顔料が分かってくると思います。

  • 合成界面活性剤(特に石油系)を使用しているもの
  • 洗顔フォームより固形石鹸
  • スクラブ入り
  • ピーリング成分

ドラッグストアで1,000円以下の洗顔料を選ぶなら、洗顔フォームは止めておきましょう。ビオレもDove(ダヴ)も合成界面活性剤です。また、敏感肌向けのブランドですが、キュレルの泡洗顔や、ミノンのホイップ洗顔も合成界面活性剤を使用しています。

洗顔フォームより使い勝手が悪いかもしれませんが、やはり固形の純石鹸がオススメです。